エントリー

第89回 学習アドバイス 「サテライン授業の効果的利用法(5)」

■映像授業だからこそ「一時停止・巻き戻し・早送り視聴」が可能!復習は何度でも!
■この利点を“効果的”に学力アップに結び付けよう!

20170415230437.2FullSizeRender.jpg_01.jpg

映像授業では、当然のことながら「ん!?ちょっとここわかんないぞ」ちょっと時間をとって板書をまとめよう」と思ったら、授業を一時停止することができます。

また、「もう一回ゆっくり聞きなおしてみよう」と思ったら、その時点で巻き戻しをすることにより、繰り返し説明を聞くこともできます。

さらに、栄進予備校のVOD設備では「1.2~2倍速」での早送り受講も可能なので、「ここは分かっているから授業を早めよう」「2回目の受講なので、倍速でこなしていこう」などという利用の仕方もできます

栄進予備校においては、一度申し込みをした講座については同じ講座を何回見ても、受講期間内であれば追加の費用は一切かかりません

板書の時間もじっくり取れるし、前年度の授業を短期間で1年分受講できる「速習講座」もあるので、「基礎からしっかりやり直したい」「基礎的な講座の1年分を夏までに終わらせて、夏からハイレベルな講座を取りたい」「部活がない月曜日で集中的に授業を受けたい」など自分の学習スタイルに合わせた学習が可能です。

20170415230434.4IMG_6595.jpg

■“本音の”ワンポイントアドバイス
板書をしっかりと取ることはもちろん大事なのですが、あまりにも几帳面過ぎると、非効率的な勉強になってしまう場合があるので注意です。

例えば、先生の言ったことをすべてメモにキレイに取ろうとして「①90分の授業を受講するのに3時間(180分)かかってしまう人」と、「②同じ90分の授業を90分で受講できる人」では、一般的には②の人の方が結果が出やすい傾向にあります。

確かに①の人の方が、じっくりと授業を吸収できているかもしれません。しかし、考えようによっては、①の人が1回の授業を受けている間に、②の人は3回の授業を受けられる(あるいは3回繰り返すことができる)、あるいは②の人は授業だけではなく必要な問題集などの演習を充分にこなすということまでできている、という言い方もできるのです。

これも以前のアドバイスでお話しした「どんどん進める(スピード)」と「しっかり定着(演習・繰り返し)」のバランスの問題ですね。

これについても、皆さんの現状の学力や志望校・得意不得意・これまでやってきた学習など一人ひとり異なりますので、最後は皆さん自身が自分の勉強の総合的な“ベストミックス”を模索していく必要があります。

そのために我々栄進スタッフ一同も多様な選択肢をアドバイスし、皆さんの決断を後押ししていきたいと考えています。

ページ移動

ユーティリティ

2021年06月

- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

リンク

新着画像

TOP