エントリー

第100回 学習アドバイス 「大学受験の偏差値について(2)」

ファイル 106-1.jpg

■「高校受験の偏差値」と「大学受験の偏差値」の基準は異なる

仮定の話になりますが、高校受験の際の学力・成績を仮にそのままの状態でキープして大学受験に臨んだとしても、高校受験のときと同じ「偏差値」を出すのは通常は難しいのです。

なぜでしょう?
それは、高校と大学の受験者層の違いにあります。

現在、日本の高校進学率は97%超だといわれています。
高校受験の際の「偏差値」というのは、そのような母集団の中での偏差値ということになります。

しかし、大学進学率となると現在の日本でも50%前後にとどまります。

しかも、この50%の人々というのは当然、進学校の生徒の割合が高いと考えられるので、母集団のレベルは高校受験に比べて明らかに上がるはずです。

一般に、高校受験の偏差値と大学受験の偏差値では、約10程度の差が出るといわれています。
(もちろん、大学受験の偏差値の方が10程度低くなる、ということです)

このように、偏差値はというのは、仮に学力が同じであっても、母集団のレベルによって当然変化するものなのです。

大学受験(全国模試)における偏差値というのは絶対のものではありませんが、志望校に合格するためのデータとして参考になることも事実です。

最近流行りの映画「ビリギャル」ではありませんが、偏差値40からスタートして、見事現役で早稲田・慶應に受かった、などということは簡単なことではありませんが、決して珍しいことではないのです。

一番の目標は「志望校に合格すること」なのだから、そのための手段として「全国模試」及び「偏差値」というデータをうまく利用することが大切ですね。

ファイル 106-2.jpg

 

 

ページ移動

ユーティリティ

2021年06月

- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

リンク

新着画像

TOP