エントリー

カテゴリー「推薦入試 VS 一般入試」の検索結果は以下のとおりです。

第118回 学習アドバイス 「徹底比較!推薦入試vs一般受験(その3)」

■5.「リスク」について

(1)指定校推薦「△」
・推薦に必要な学校の評点は、原則として高1・高2・高3(前期)までである。そのため、高校生活を通じてその都度「自分はどれぐらいの評点を確保できているのか」といった自分の位置が目に見えやすい。
・同じ大学・学部・学科であっても、年度により評定平均値4.9の生徒が推薦枠を取ったり、4.2の生徒が推薦枠をとる年があるなど、不確定要素にも影響される。推薦枠を獲得すると入学が必須であるため、併願や辞退ができない。
・推薦入試を希望する生徒であっても、一般受験の可能性も考えて学習を行う生徒が大多数である。そのため、推薦合格が決まった後は“楽”であるといえるが、特に多くの受験生が本格的な受験勉強に打ち込み始める高3時は学校の試験にも備えつつ入試を見据えた学習も行うという意味で、一般受験に狙いを定めた生徒よりもハードであるとも言える。

(2)公募制推薦・自己推薦「○」
(3)AO入試「○」
・大学によって入試時期は異なるものの、指定校推薦ではおおむね高3前期の定期テストが終わった時点で、推薦入試のために備えられることのほとんどが終了するといっても過言ではない(その後は面接や小論文などが課されるが、“儀礼的な試験”である大学がほとんどであり、7月以降は一般入試に備えた学習にも充てられる)。しかし、公募制・一般・自己推薦・AO入試などでは10月、11月に迎える試験のための準備に多大の時間を要するため、一般受験のために学習に回せる学習時間が大いに減ることとなる。
・英語・数学といった学科の学習に比べると、面接・小論文・集団討論・課題レポートなどは比較的準備がしにくい。

(4)一般受験「○」
・推薦入試で学校成績を意識している場合には、高1の時から節目々々で目標があり、結果も返ってくるのだが、一般受験では高3の冬での一発勝負であるため、高1・高2の段階、高3の初期の段階で危機感が希薄となりやすい。

ファイル 80-1.jpg

■6.「高校間の格差」について

(1)指定校推薦「◎」
・各高校によりどの大学・学部・学科の指定校が何名来ているのかが著しく異なる。
・各高校での指定校推薦の枠は毎年変わるものの、大幅な変化はないため、早めに所属する高校の指定校推薦の一覧状況を把握しておきたい。

(2)公募制推薦・自己推薦「×」
・受験要件さえ満たせば、原則として所属高校による制約はない。
・ただし、評定平均値の評価に関しては、同じ値であっても所属している高校が異なれば、評価に差が生じるといわれている(ただし、評定値以外の要素で合否のほとんどが決すると考えてよい)。

(3)AO入試「×」
(4)一般受験「×」
・どの高校に所属しているかはもちろんのこと、高校での成績も原則として合否の材料にはならない。

■最後に
推薦入試(指定校推薦・公募制推薦・一般推薦・AO入試)・一般推薦の概要のイメージはつかめただろうか? 実際には「推薦入試も考えつつ、希望する大学の推薦が取れない場合は一般入試…」というような生徒も非常に多いため、「推薦か一般か?」という単純な二者択一ではなく、重点の置き方や優先順位の付け方は十人十色である。
しかし、「推薦を取りたいけど(評点が足りなくて)推薦が取れないから一般入試にチャレンジするしかない」というような消極的選択では、なかなか満足する結果を得ることは難しいのが現状です。
特に高1生の皆さんは、推薦入試や一般入試の概要、自分の通う高校の指定校推薦、などは早いうちから知っておきましょう。

ファイル 80-2.jpg

第117回 学習アドバイス 「徹底比較!推薦入試vs一般受験(その2)」

■3.「確実性」について

120-4.jpg

(1)指定校推薦「◎」
・学校成績で合否が決する場合がほとんどである。そのため、ある程度の成績を確保し、且つある程度の大学学部の幅を許容できるのであれば、大学決定の確実性は高い。
・各高校内の選抜で通ることが事実上の合格である場合がほとんどで、9月下旬~10月上旬の段階で事実上の合格が得られる(ただし、正式な合格は11月上旬~12月初旬)。
・ただし、希望する大学の推薦が得られるかどうかは年度による。同じ大学の指定校推薦でも、ある年は評定平均4.7の生徒が獲得したため4.5の生徒が獲得できないといったこともあれば、ある年は4.2の生徒が獲得したというケースもある。どれだけの成績を確保すれば当該大学の推薦が取れるのかといった確実性はない。

(2)公募制推薦・自己推薦「△」
(3)AO入試「△」
・指定校推薦ほど成績が合格獲得のための要件とはならないため、合格できるかどうかといった確実性の観点から見れば、一般入試と同等である。
・前述の通り、中堅以上の大学では一般受験で合格することよりもハードルが高いという現状もある。

(4)一般受験「×」
・入試の出来がすべてであるので、結果が出るまでは不安は付きまとう。ただし、受験する大学のレベルにある程度幅を持たることができれば、確実性は十分高められる。
・学科試験というのは推薦系入試の課題に比して「点数化」しやすい。よって過去問などの演習によりコンスタントに合格点をかなり上回れているようであれば、当該大学の合格の可能性はかなり高い。そういう意味では「指定校推薦」よりも「どのスコアを取れれば受かる」というラインは見えやすい。

■4.「選択肢」について

(1)指定校推薦「△」
・すべての大学・学部・学科から選べるわけではなく、当該高校に指定校推薦が来ている大学・学部・学科の中からしか選択できない。
・年度によって一部の大学・学部・学科の変更があるため、通常は高3の7月になるまでどの大学・学部・学科から指定校推薦が来ているのかが分からない。

(2)公募制推薦・自己推薦「○」
(3)AO入試「○」
・指定校推薦では、「各高校によってどの大学のどの学部の推薦の枠が何名あるのか」が異なるばかりか年度によっても異なるが、これらの推薦入試では全国の受験生が募集の対象であるため、選べる(受験できる)大学・学部・学科の選択肢は指定校推薦に比べて増えることが多い。

(4)一般受験「◎」
・学力や入試対策などの状況に応じて合格の可能性のある大学には限りがあるのが実情ではあるが、物理的に受験できるという意味では大学の選択の幅が一番広がる入試区分であることは間違いない。
・近年は入試の複線化も進行しており、同じ大学・学部・学科に複数回チャレンジできるというのも選択の幅を広げる。

(「徹底比較!推薦入試vs一般受験(その3)」に続く)

180-3.jpg

第116回 学習アドバイス 「徹底比較!推薦入試vs一般受験(その1)」

主に❝高1生必見❞
■高1生はまずは学校の定期テストに全力で取り組もう
■推薦入試を利用するか分からなくても、「可能性」は確保しておくべき!
■学校の授業内容にしっかりと取り組み、定期テストで結果を出し続けていくことは、一般受験の堅固な土台になりえます

今回は、「高校生活をスタートさせて間もない高1生」を主なターゲットとして、「推薦入試と一般受験」の大きなイメージを比較してみようと思います。

※詳細は各高校により異なりますので、以下の分析が必ずしもすべての生徒・すべての大学に当てはまるものではありませんのでご了承下さい。

163-1.jpg

 

🔲1.「学校成績」について

(1)指定校推薦「◎」

・各高校での学校の成績(そしてその前段階としての定期テストの成績)が生命線である。
・近年は提出物などの提出状況などが点数化されて成績に影響を与える学校も多くなりつつある。
・他の高校の生徒と競合することはないという意味では、高校間の格差は原則として生じない。
・校内選考後に面接や小論文試験などが課されるケースが多いが、ほとんどの大学で儀礼化しているのが現状。

(2)公募制推薦・自己推薦「○」

・学校成績が出願要件となることが多い。ただし、学校成績は受験の資格があるかどうかを問うといった程度。
・面接・集団討論や小論文(場合により課題レポートやプレゼンテーションなど)などの試験課題で合否のほとんどが決する。
・学科試験が課されない(ことが多い)という意味では「指定校推薦」に近いが、試験課題が点数化され合否が決まるという意味では「一般受験」に近い。
・上位大学になればなるほど合格は狭き門となる傾向がある。「一般で受験しても合格できなさそうだから、推薦で」という認識では厳しい。

(3)AO入試「×」

・学校成績は問われないことが多い。
・面接・集団討論や小論文(場合により課題レポートやプレゼンテーションなど)などの試験課題で合否が決する。
・こちらも上位大学になればなるほど合格は狭き門となり、「一般で受験しても合格できなさそうだから、推薦で」という認識では厳しい。

(4)一般受験「×」

・原則として学校の成績は問われない。

🔲2.学科に対する総合的な「学力」について

(1)指定校推薦「×」
・各教科に対して現状でどれだけの総合的な学力があるのかはほとんど問われない。(ただし、学校成績優秀者は、基礎学力を備えている生徒が多いのも事実)。

(2)公募制推薦・自己推薦「△」
(3)AO入試「△」
・一部の大学では学科試験が課されることもあるが、面接・集団討論や小論文(場合により課題レポートやプレゼンテーションなど)などは指定校推薦とは比べ物にならないほど重要となる。また、これらはある意味で英語や数学といった学科よりも、準備・対策が行いにくいものである。特に中堅以上の大学では、一般入試で合格するよりも総合的な難易度は難しい(中堅以降の大学では、推薦で合格できる生徒は一般受験しても合格が見込める場合が多く、推薦だから楽をして入学できる、という認識が通用しない場合が多い)。

(4)一般受験「◎」
・入学試験の点数がすべてといって過言ではない。入試で合格点を取れるかどうかの一発勝負である。

(「徹底比較!推薦入試vs一般受験(その2)」に続く)

ファイル 78-2.jpg

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

2020年09月

- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

リンク

新着画像

TOP