エントリー

カテゴリー「夏の過ごし方」の検索結果は以下のとおりです。

第120回 学習アドバイス 「夏をしっかりと使えるように・夏の過ごし方(2)」

■「夏までに終わらせておきたい勉強」を、計画的に“今”進めよう

  少し早いですが、夏休みについて少し考えてみましょう。

  約40日間の夏休み。ほとんどの現役高校生にとっては一年間の中で「一番まとまった時間を確保できる期間」であることと思います。
  そして、受験生にとっては大事な夏。

  毎日15時間、勉強すれば600時間
  毎日12時間、勉強すれば480時間
  毎日10時間、勉強すれば400時間
  8時間なら、320時間
  6時間なら、240時間
  5時間なら、200時間
  4時間なら、160時間
  3時間なら、120時間…...

  “効率の良い学習”も、もちろん大事なことです。
  しかし、大きく飛躍しようとしている人たち、大幅な実力アップを目指している人たちにとっては、勉強の“量”だってとっても大事なことであるはずです。

  そこで、「夏休みを効果的に利用する」ためにこそ、「夏までに終わらせておきたい勉強」を計画的に、“今”進めましょう。

  夏までにまとまった時間の中で計画を立てられるのは、今が最後かもしれません。
 (特に現役生は6月の下旬に多くの高校で定期試験が実施されます)。

  Mr.Childrenの有名な歌の歌詞に「長く助走をとった方がより遠くに飛べる」っていう一節がありました。

  受験生にとっては、“今”がその助走の期間かもしれません

20170422182434.3FullSizeRender.jpg

第119回 学習アドバイス 「高2の夏は大きな分岐点・夏の過ごし方(1)」

■高2は最重要学年・高2の夏は大きな分岐点!
■高2夏の重要性を認識しよう!

  高校2年生は「中だるみの学年」などと揶揄されることもありますが、そんなことはありません!それどころか「高2」という学年は、ある意味では「最重要学年」なのです。

 「自分が入れる大学に行く」のではなく、「自分が入りたい大学に行きたい」という人は、本気でその目標を叶えるために、高2のうちから具体的な受験・進学の準備をしていくべきです。

  高2の冬が受験の1年前にあたりますが、高3の夏に各受験科目の一通りの学習を終えているのが理想とすると、そのためには「高2の夏」が一つの鍵になります。

20180612141917.01.jpg

■大学を調べよう・オープンキャンパスへ行ってみよう

  具体的な進路や志望校が固まっていない人は、是非、高1・高2のうちに大学・学部・学科を調べ、オープンキャンパスや大学の見学などに足を運ぶべきです。

  目標が固まるのが遅くなればなるほど、準備にかけられる時間も当然少なくなります。希望を叶えるための準備を着々と行うための「時間」をちゃんと確保するためにも、目標を早く固めるのに越したことはありません。

  単純なことですが、早くに準備を始めるというだけでも、結果は違ったものになるといっても過言ではありません。

■利用可能な時間は実は多くはないことに早く気付こう

  また、具体的な受験勉強を行えばすぐに分かることですが、「単語と熟語をやって、文法をやって、長文もやって…、英語だけで〇〇時間は必要だ!」なんてことも珍しくありません。

  特に部活などが忙しい人は、物理的に確保できる時間には限界があります。それでも必要な時間を確保するには、本格的な受験勉強を始める時期を前倒しするか、または後ろに伸ばす(=浪人)かしかありません。

■「本気モード」

  受験生はほぼ例外なく、いつかは各自のタイミングで「本気モード」に切り替わるものです。しかし、それを周りの空気に委ねてしまっていませんか?

  せっかく「本気モード」になったのに、「準備のための時間が物理的に足りない」では、もったいないです。

  少しでも早く「本気の自分との出会い」をしてみませんか? 勉強がすべてとは言いませんが、「目標のための本気の勉強」って、けっこう楽しいものですよ。

  そして、志望校合格の達成感、これは絶対にみんなに味わってもらいたいです!

20170422180348.jpg

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

2020年09月

- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

リンク

新着画像

TOP