エントリー

カテゴリー「英単語の学習法」の検索結果は以下のとおりです。

第91回 学習アドバイス 「英単語の学習法(2)」

■長文読解を通して英単語を覚える
■“速読英単語”お薦め活用法(その②)
83-1.jpg

【3.進め方】
「1つの長文を1日しかやらない」のではなくて、「1つの長文を、何日間か続けて読む」のがお勧めだ。何度も何度も読み込んだ英文が読めないのに、初めてみた長文(全国模試とか入試の本番とか)で読めるはずがないと思いませんか?

ちなみに学習アドバイザーの私は、自分の受験時代には「1日目に長文1をやったら、2日目は長文1~2。3日目は長文1~3、4日目は長文1~4、5日目は長文1~5。6日目にやっと長文1は卒業して長文2~6。7日目に長文3~7」という風にやっていました。イメージは分かるよね?

最終的な進め方は自分に合った形で構わないと思うが、「楽をしたいから」という理由で逃げてはダメだよ。例えば、「俺は理系で英語も苦手なんだよな。しかも数学や物理で相当時間が必要だし、英語の勉強時間はそこまでとれないんだよな」という人は、「新しく取り組む英文は毎日1つじゃなくて、3日で1つにしよう」とかでもOK。

また、特に文系の人は、「毎日新しい英文を1つ進める」のがお勧めだけど、たまにはできない日もある。でも、そんな日であっても前日にやった英文(あるいはこれまでにやった英文)を読むという作業は絶対にやって欲しい。1つの英文を5回読んでも数分しかかからないはずだ。毎日英文を読むという習慣を絶対につけてもらいたい

最初は(特に必修編)すごく時間がかかるかもしれないけど、慣れてきて、しかも英語の力が付いてくれば、新しい英文に取り組んで①~⑤の作業をやるのに1時間以内にできるようになるよ。

【4.その他】
1.「①入門編」「②必修編」「③上級編」と全部やった方がいいの?

結論から言えば「①入門編」+「②必修編」までで基本は十分である。「②必修編」までをしっかりと利用して学習ができれば、偏差値70以上・早慶レベルを目指す生徒でも十分対応可能だ。逆に、「③上級編」は収録されている長文がすべて早慶レベルの入試問題であり難しい。「③上級編」については利用する人でも、本稿で紹介している単語の学習とは違う目的で利用するべきものと考えて頂けたらと思います。

2.その他に一般的な英単語帳も使ったほうがいいの?

使わなくて大丈夫。どうしても不安な人は、一般的な単語帳を買ってやってもいいけど。速読英単語をしっかりとやれば、その他の単語帳はなくても大丈夫。

3.このペースでやっていったら、いつまでにどれだけの出来るのかを意識しよう

例えば「このペースでやっていったら○月までに最初の1周が終わるな」とか、逆に「○月までに絶対に1周目を終わらせよう」とか。予定はその都度変更してもいいけど、あまりちょくちょく予定を先延ばししていてはダメだよ。

4.何周もやること

入門編は場合によっては1周やればOKかもしれないが、必修編はどんなに少なくとも2周以上はしたい。もちろん。1周目より、2周目の方が楽だし時間もかからないよ(1周目の勉強があまりにも適当だと、2周目も大して変わらないけど(涙))。

最終的には、英語の力を伸ばすことが一番の目標なので、目に見えて英語の力がついた段階で、速読英単語を卒業しても構いません。また、ここで紹介した勉強の仕方は、あくまでお勧めであって、細かなところは勉強が進むにつれて自分にとって効果の高い方法に変えていってもらっても構いません。

一人ひとりのこれまでの学習の状況・現状の学力が違えば、目指す志望校も異なります。むしろここでの学習アドバイスを参考にして、今の自分にとってぴったりの学習法を主体的に構築するための一助となればと思っています♪

その他、分からないことや不安なことがあれば、是非スタッフに相談しに来てくださいね。

↓CD教材など付属の教材も多数あります。
ファイル 72-2.jpg

第90回 学習アドバイス 「英単語の学習法(1)」

■長文読解を通して英単語を覚える
■“速読英単語”お薦め活用法(その①)

【1.お勧めの英単語帳】
「英単語の本格的な学習をこれから始めるという人」や「英単語の学習をまだ確立できていない人」だけでなく、「長文読解の勉強をしてもなかなか効果が現れないと感じている人」、「受験英語の勉強をさらに効果的にしたいと考えている人」にも、今後の英語学習のヒントや参考になればと思います。

さて、今日紹介するのは、
①「速読英単語 入門編(改訂第2版)」(Z会出版)¥900(税別)
②「速読英単語 必修編(改訂第6版)」(Z会出版)¥1,000(税別)
③「速読英単語 上級編(改訂第4版)」(Z会出版)¥1,200(税別)

ファイル 71-1.jpg

大学受験に向けた英語の勉強に取り組んでいる人にとっては、①の「入門編」は確かに最初は簡単かもしれない。しかし、第2章以降を見てみて欲しい。すべて知っている単語だと言えるだろうか?

また、この「速読英単語」を利用する勉強は、ただ単に「単語を覚える」だけではなくて、「長文を読む習慣をつける」「長文を読み込む絶対量を確保する」という意味も込められているので、英語の偏差値が50を超えていない人は絶対に購入して欲しい。どうしても使いたい単語帳があって、それでガンガン勉強ができているという人はそれでもOKだけど…、それでも日ごろから英語の長文を読むという習慣がついていない人は、長文の読み物としてでも利用してもらいたい

だいたい、①「入門編」を高2の春ぐらいまでに終わらせて、高3の4月以降、「必修編」をバリバリ使えるようになるのが理想的だ。

【2.利用の仕方】
①まずは、左ページの英文を自力で訳してみる
もちろん、右ページの和訳は見ないでね。「すべて訳し終わった」or「考えてみたけどもうgive up」となったら②に進もう。いきなり②から始める人がいる(又は今後でてくると思われる)が、分からなくても分からないなりに「どこまで読めたのか」を知ることは大切。ちゃんとやろう。特に「必修編」に入ると実感すると思うが、①と②が一番つらい作業でもある。めげずに頑張ろう。

②次に、1文1文の英文を「右ページの和訳」「巻末の解説」を参考に、確認していく。
1文1文ごとに「英文→和訳→解説」で確認していくこと。「なぜその英文の訳がそのような訳になるのか」を確認していく。最初は「和訳」や「解説」を見ても分からない英文があるかもしれません。その場合は、時間を見つけてスタッフに聞きに来てください。但し、最初は授業で扱っている内容もまだ少ない状態なので、分からない箇所が少なければ、理屈が分からなくても、なぜそのような訳になるのかがだいたい分かればOKです。もう少し学習が進んでから、分かるようになることも当然でてくるはずです。

学習が進んでいくにつれて(特に「必修編」)、この①と②の作業が一番キツイところです。でもここをしっかり出来ないと次に進めないし、学習の効果も期待できないので、くじけないで頑張ろう。すべての英文の確認が終わったら、③に進もう。

③英文だけを読む(右側の和訳は見ないこと)
今度は、英文だけで読んでみよう。もちろん、「ただ文字を目で追っているだけで、意味が全然わかっていない」という読み方ではダメだよ。「英文の意味が分かりながら」読み進めていこう。

ただし、せっかく全文を理解したつもりでも、「あれ?この英文の意味がつかめないぞ」という部分が出てくるものである(特に「必修編」)。でも、悲しむことはない。それが普通だ!そのようなときには、ちらっと右の和訳を見よう。「あ、そうだった!」って思えたら、続きを続行。和訳を見てもまだ分からなければ、巻末の解説をもう一回チェックしてもいい。

英文を最後まで読んだら、また、英文だけを最初から読んでみよう。これを何回も繰り返して、「1回も引っかからずに最後まで読んで、意味もつかめた!」という状態にしよう。ここまでが「速読英単語」の勉強の一番つらいところ。

④英文を何度か読み込む
引っかからない状態になれば、しめたもの。1回英文を通して読んでも、1分もかからないはずなので、何度も何度も繰り返し読もう。例えば、①~④を午前中にやったのであれば、「夕方おやつを食べた後に1回読む」とか、「家に帰って机に向かったときに最初に1回読む」とか、「1日の勉強の最後に1回読む」とか、して欲しい。1回読んでも1分もかからないのだから。英文を読む習慣をつけよう。

それから、英語を読むときは「なるべくさかのぼらないで読む」方が良い。どうしても難しいところは、さかのぼってもOKだけど、さかのぼらなくても意味が取れるのであれば、なるべくさかのぼらないで意味が取れるようにしよう。「彼はthat以下だと考えていた。日本人の平均寿命は減少傾向だと。彼が大学生の時に。アメリカにある(大学)~」といった感じだ。英語の語順で英文の意味を理解することに慣れていって欲しい。だからこそ、最初は入門編を是非使って欲しい。

⑤「英文」「和訳」の次のページで英単語をチェック
普通の英単語帳を覚えるようにやってもいいけど、お勧めなのは「ざっと眺めるだけ」。一つの英単語には複数の意味があることが普通だが、すべての意味を覚えようと思っても最初は無理なので、まずは長文の中で使われていた意味が分かればOK。「あ、この単語は確か○○って意味だったな。ほら、やっぱり。そっかこの例文だったらこんな訳になるな」という確認でOKだろう。「あ、ちなみにこの単語の名詞形は○○なんだ、こんな風に使うとこんな意味なんだ。ふーん。」という程度で最初は全然OK。

⑥翌日、また英文を読んでみる
①~④、特に④をどれだけ繰り返しやったかにもよるけど、悲しいことに「前日はすらすら読めるところまで行って、ひっかかるところなんてなかったのに、今日読んでみたら数箇所引っかかるところがあった」ということがある(っていうかむしろこれが普通)。そうしたら、③のように確認してOK。ただし、前日ほどの時間はかからないはず。すぐに引っかからなくなるので、数回読み込もう。

⑦次の長文にチャレンジ
また、新たな長文に対して同じことをやっていく。

→“速読英単語”おすすめ活用法(その②)に続く

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

2020年09月

- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

リンク

新着画像

TOP