エントリー

カテゴリー「サテラインの効果的利用法」の検索結果は以下のとおりです。

第113回 学習アドバイス「サテライン授業の効果的利用法(9)」

◆苦手な科目は重点的に手厚く!得意な科目の序盤は量より質!

ファイル 140-1.jpg

サテラインでは、各科目・講座の受講ペースに差をつけて進めることももちろん可能です。

🔴「英語」の受講例①
【英語(文法・語法)】→ 週2講のペースでどんどん受講を進める
【英語(読解)】→ 「英語(文法・語法)」が2学期の受講に入ったところで、遅れて「英語(読解)」の1学期の受講を遅れてスタートする。

・英語が苦手な人、読解の勉強に先駆けて基本的な英文法・語法の勉強を先行したい人などは、しばらくは週2回の受講を「文法1回&読解1回」ではなく「文法2回&読解0回」で受講を進める。そして2か月弱で1学期+夏期講習会までのカリキュラムを先に終えてしまい、文法の授業が2学期に入るところで読解の受講を並行して1学期から始める、などという受講の仕方をすることも可能です。

・もちろん、「週2講」ではなく、予習復習のペースを上げられれば「週3講、週4講…」という進度で受講することももちろん可能です。

🔴「英語」の受講例②
【英語(文法・語法)】→ 週2~3講のペースでどんどん受講を進める
【英語(読解)】→ 週1講のペースでじっくり進める

・早めに全体像をつかみ、全体を通じて2周、3周の学習を行いたい「文法系の講座」は週2~3講のペースで受講を進める。それに対して予習と復習に時間をじっくり時間をかけたい「読解系の講座」は週1講のペースで受講を進める。

🔴「国語」の受講例①
【現代文】→ 週1~2講義のペースでまずは受講を進める。講座の受講がある程度進んだところから、問題集などの演習も増やしていく。
【古文】→ 週1講のペースで着実に受講を進めつつ、問題集なども並行で利用していく。

・現代文が苦手な人は、「現代文はまずは授業の受講をドンドン進める」のがおススメです。「論理的な読解法・解答法」の経験値がまだ浅い段階では、自分で問題演習を行おうとしても、なかなかはかどりません。そこでまずは現代文の講座の受講をどんどん進め、いろいろな問題やテーマを経験して経験値も増えてきた頃から、授業以外でも問題の演習量を増やしていくと、授業の受講を通した経験に裏打ちされた演習に時間を費やすことができます。

・それに比べて「予習・復習」と、授業を通してしっかりと身につけていかなければならない知識の量が現代文に比べて多くなる古文については、単語帳や問題集などと並行してじっくり進める。また、一般に「国語」においては「古文」よりも「現代文」の方が配点の割合が高い大学が多いため、国語」という受験科目の総合点を高めるにはやはり「現代文」を早めに固められるのが理想です。

20171017073353.03.jpg

→「第1回 学習アドバイス「サテライン授業の効果的利用法(1)」はこちら

→「第2回 学習アドバイス「サテライン授業の効果的利用法(2)」はこちら

→「第3回 学習アドバイス「サテライン授業の効果的利用法(3)」はこちら

→「第4回 学習アドバイス「サテライン授業の効果的利用法(4)」はこちら

→「第5回 学習アドバイス「サテライン授業の効果的利用法(5)」はこちら

→「第31回 学習アドバイス「サテライン授業の効果的利用法(6)」はこちら

→「第32回 学習アドバイス「サテライン授業の効果的利用法(7)」はこちら

→「第33回 学習アドバイス「サテライン授業の効果的利用法(8)」はこちら

第112回 学習アドバイス「サテライン授業の効果的利用法(8)」

◆大事な科目は早目から! 優先度の劣る科目は遅れてスタート!

ファイル 139-1.jpg

◇◇◇受講例◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
🔴高2:1月~高3:8月
「ハイレベル物理①②」:1学期・2学期・夏期講習会・冬期直前講習会

🔴高3:5月~高3:9月
「標準化学①②」:1学期・2学期・夏期講習会・冬期直前講習会
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

特に現役生は、「受験勉強に費やすことのできる時間」との闘いも一つのポイントとなります。

全範囲の学習を一通り終えるためにある程度の授業・学習の“量”が求められる理科・社会といった教科では、「全範囲のカリキュラムを終えたら1月だった」という状況では万全の体制で入試を迎えることは困難です。

上記の進め方はあくまで一つのモデルケースですが、特に理系で理科を2科目必要とする生徒は、負担も多くなります。

核になる物理は3月から学習をはじめ、物理の学習が軌道に乗り、学力も備わってきたところで、5月からサブ理科の化学の受講を始める、このような受講ができるのもサテラインの利点の一つです。

早めに全範囲の学習を一通り終わらせることができるサテラインの利点を十分に生かしましょう。

→「第1回 学習アドバイス「サテライン授業の効果的利用法(1)」はこちら

→「第2回 学習アドバイス「サテライン授業の効果的利用法(2)」はこちら

→「第3回 学習アドバイス「サテライン授業の効果的利用法(3)」はこちら

→「第4回 学習アドバイス「サテライン授業の効果的利用法(4)」はこちら

→「第5回 学習アドバイス「サテライン授業の効果的利用法(5)」はこちら

→「第31回 学習アドバイス「サテライン授業の効果的利用法(6)」はこちら

→「第32回 学習アドバイス「サテライン授業の効果的利用法(7)」はこちら

第111回 学習アドバイス「サテライン授業の効果的利用法(7)」

◆年間を通して2周、3周受講することによって、学習内容の定着を図る!

20171017074936.01.jpg

◇◇◇受講例◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

🔴高2:1月~高3:6月
【速習・1学期】「F詳説日本史講義①②」
【速習・夏期講習会】「土屋文明の日本史(原始~江戸時代の正誤問題)」
【速習・夏期講習会】「土屋文明の日本史(前近代のテーマ史)」
【速習・夏期講習会】「土屋文明の日本史(江戸時代までの文化史テーマ)」
【速習・2学期】「F詳説日本史講義①②」
【速習・冬期直前講習会】「土屋文明の日本史(江戸~昭和時代の正誤問題)」
【速習・冬期直前講習会】「土屋文明の日本史(近現代のテーマ史)」
【速習・冬期直前講習会】「土屋文明の日本史(全時代の文化史)」

🔴高3:7月~高3:9月
【速習・1学期】「F詳説日本史講義①②」
【速習・夏期講習会】「土屋文明の日本史(原始~江戸時代の正誤問題)」
【速習・夏期講習会】「土屋文明の日本史(前近代のテーマ史)」
【速習・夏期講習会】「土屋文明の日本史(江戸時代までの文化史テーマ)」
【速習・2学期】「F詳説日本史講義①②」
【速習・冬期直前講習会】「土屋文明の日本史(江戸~昭和時代の正誤問題)」
【速習・冬期直前講習会】「土屋文明の日本史(近現代のテーマ史)」
【速習・冬期直前講習会】「土屋文明の日本史(全時代の文化史)」

🔴高3:10月~高3:12月
【速習・1学期】「F詳説日本史講義①②」
【速習・夏期講習会】「土屋文明の日本史(原始~江戸時代の正誤問題)」
【速習・夏期講習会】「土屋文明の日本史(前近代のテーマ史)」
【速習・夏期講習会】「土屋文明の日本史(江戸時代までの文化史テーマ)」
【速習・2学期】「F詳説日本史講義①②」
【速習・冬期直前講習会】「土屋文明の日本史(江戸~昭和時代の正誤問題)」
【速習・冬期直前講習会】「土屋文明の日本史(近現代のテーマ史)」
【速習・冬期直前講習会】「土屋文明の日本史(全時代の文化史)」
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

受験日本史を網羅する「F詳説日本史講義①②」を年間通して3回受講することにより、知識系科目の定着を図る(当校では受講期間内であれば追加受講料は一切かかりません)。

このような受講形式をとれるのも、サテラインの大きな利点です。

特に地歴・公民をはじめとするインプット系の講座では、このような受講スタイルが効果的です。

板書やノート作成のある1周目は必要に応じて講義をSTOPしながらじっくりと受講し、2周目以降は1.5倍速・2倍速で受講して「耳で覚える!」という受講も可能です。

また、「学校の定期テストの前にはその分野だけを固めて受講し直す」ということも可能です。

20171017075855.02.jpg

→「第1回 学習アドバイス「サテライン授業の効果的利用法(1)」はこちら

→「第2回 学習アドバイス「サテライン授業の効果的利用法(2)」はこちら

→「第3回 学習アドバイス「サテライン授業の効果的利用法(3)」はこちら

→「第4回 学習アドバイス「サテライン授業の効果的利用法(4)」はこちら

→「第5回 学習アドバイス「サテライン授業の効果的利用法(5)」はこちら

→「第31回 学習アドバイス「サテライン授業の効果的利用法(6)」はこちら

第110回 学習アドバイス「サテライン授業の効果的利用法(6)」

◆自分にぴったりの講座・講師を選択できる!

20171017073352.02.jpg

サテライン授業では、年間2000程度の講座の中から、自分にあった授業・講師を選択し、自分だけのカリキュラムを作れるので、効率的な受験勉強が可能です。

もちろん、「どの講座を取ったらいいのか分からない!」という人も安心して下さい。
皆さんの現状の学力・志望校などを把握した上で、各講座・講師に精通した専門スタッフ・サポートスタッフがおススメの講座をご紹介させて頂きます。

さらに授業の受講だけではなく授業以外の学習などについても専任スタッフ・サポートスタッフが合格への最短コースをアドバイスします。

また、サテライン授業はコースでの申込だけでなく「単科での受講もできます」ので、1講座から受講できます。

物理だけサテライン、古文だけサテライン…なんていうことももちろん可能ですし、栄進予備校ではライブ授業とサテラインを併用して受講する生徒も多く在籍して頂いています。

◆“本音の”ワンポイントアドバイス

「どの講師のどの講座を受講するのか」が重要なのはいうまでもありません。
志望校のレベルが高い生徒さんであっても、現状の自分にとって一番必要なレベルの講座から受講を始めるのが好ましいといえるでしょう。

ただし、誤解を恐れずに言えば、どんなに素晴らしい講師の素晴らしい授業も、しっかりと利用できなければ結果は出ません。

A先生の○○○○という講座を受講して、偏差値40台だった生徒が、1年間で偏差値70近くにまで成績を上げ、見事第一志望の早稲田大学に合格できたという場合もあります。

しかし、同じA先生の○○○○という講座を申込んだけれども、「全然受講に来ない」「受講感覚が開き過ぎ」「予習復習がきちんと行えていない」「授業を受ける以外の学習がほとんど行えていない」など、「講座は取ったものの必要な学習がしっかりと行えていない」と、一向に成績が上がらずに早稲田大学はおろかMARCHはおろか…1回も偏差値が50を超えたためしがない、ということもありえます。

“講座を選んだだけで満足してしまっては絶対にダメ”ですよ。

代ゼミサテラインにラインナップされている講座・講師はすべてがオールスターです。そもそも、結果が出ない講座はここにはラインナップされません。

サテラインは講座数が豊富なので、講座の決定に際してほとんどの生徒に受講相談をさせていただいていますが、もちろん我々は「そのようにして受講した生徒がこれまでに何人も結果を出してきたよ」という裏打ちの上にアドバイスをさせていただいています。

効果的に講座を利用して学力を伸ばして志望校の合格をつかむためには、「どの講座を受講するのか」だけではなく、「その講座を利用してどのように勉強していくのか」といった要素も重要であることを忘れないで下さい。

→「第1回 学習アドバイス「サテライン授業の効果的利用法(1)」はこちら

→「第2回 学習アドバイス「サテライン授業の効果的利用法(2)」はこちら

→「第3回 学習アドバイス「サテライン授業の効果的利用法(3)」はこちら

→「第4回 学習アドバイス「サテライン授業の効果的利用法(4)」はこちら

→「第5回 学習アドバイス「サテライン授業の効果的利用法(5)」はこちら

第89回 学習アドバイス 「サテライン授業の効果的利用法(5)」

■映像授業だからこそ「一時停止・巻き戻し・早送り視聴」が可能!復習は何度でも!
■この利点を“効果的”に学力アップに結び付けよう!

20170415230437.2FullSizeRender.jpg_01.jpg

映像授業では、当然のことながら「ん!?ちょっとここわかんないぞ」ちょっと時間をとって板書をまとめよう」と思ったら、授業を一時停止することができます。

また、「もう一回ゆっくり聞きなおしてみよう」と思ったら、その時点で巻き戻しをすることにより、繰り返し説明を聞くこともできます。

さらに、栄進予備校のVOD設備では「1.2~2倍速」での早送り受講も可能なので、「ここは分かっているから授業を早めよう」「2回目の受講なので、倍速でこなしていこう」などという利用の仕方もできます

栄進予備校においては、一度申し込みをした講座については同じ講座を何回見ても、受講期間内であれば追加の費用は一切かかりません

板書の時間もじっくり取れるし、前年度の授業を短期間で1年分受講できる「速習講座」もあるので、「基礎からしっかりやり直したい」「基礎的な講座の1年分を夏までに終わらせて、夏からハイレベルな講座を取りたい」「部活がない月曜日で集中的に授業を受けたい」など自分の学習スタイルに合わせた学習が可能です。

20170415230434.4IMG_6595.jpg

■“本音の”ワンポイントアドバイス
板書をしっかりと取ることはもちろん大事なのですが、あまりにも几帳面過ぎると、非効率的な勉強になってしまう場合があるので注意です。

例えば、先生の言ったことをすべてメモにキレイに取ろうとして「①90分の授業を受講するのに3時間(180分)かかってしまう人」と、「②同じ90分の授業を90分で受講できる人」では、一般的には②の人の方が結果が出やすい傾向にあります。

確かに①の人の方が、じっくりと授業を吸収できているかもしれません。しかし、考えようによっては、①の人が1回の授業を受けている間に、②の人は3回の授業を受けられる(あるいは3回繰り返すことができる)、あるいは②の人は授業だけではなく必要な問題集などの演習を充分にこなすということまでできている、という言い方もできるのです。

これも以前のアドバイスでお話しした「どんどん進める(スピード)」と「しっかり定着(演習・繰り返し)」のバランスの問題ですね。

これについても、皆さんの現状の学力や志望校・得意不得意・これまでやってきた学習など一人ひとり異なりますので、最後は皆さん自身が自分の勉強の総合的な“ベストミックス”を模索していく必要があります。

そのために我々栄進スタッフ一同も多様な選択肢をアドバイスし、皆さんの決断を後押ししていきたいと考えています。

第88回 学習アドバイス 「サテライン授業の効果的利用法 (4)」

■自分のペースでドンドン学習を進められる!

例えば「週1回90分授業」のように、毎週の時間割が決まっていてそれに自分の都合を合わせていかなければならないという授業スタイルの場合、1回の授業の予習や復習にどれほど時間を費やしたとしても、「4週間(1ヵ月)で4回」の回数を自分の都合だけで増やすということはなかなかできません。

しかし、サテライン授業であれば、例えば「予習(1日)→授業の受講(1日)→復習(1日)→予習(1日)→授業の受講(1日)→復習(1日)……」と進めていくことで、自分のペースでガンガン学習を進めていくことが可能です。

特に「地歴・公民」をはじめとする「学習の土台として知識のインプットが占める割合が高い」教科・科目ではこのような学習の効果が非常に有効である場合が多いのです。

ファイル 63-1.jpg

■“本音の”ワンポイントアドバイス♪

サテライン授業において、「いつまでに見終わればいいですか?」という質問を受けることが多々あります。「なるべく早い段階に一通りの学習を終える(早めに全範囲を網羅する)」ことが重要なのはもちろんであり、その意味では「早く終われば、早く終わるだけいい」という言い方ができるでしょう。

ただし、受験学習では、カリキュラムをこなしていく(授業を受けていく)スピードだけではなく、「これまでに学んだ内容をどれだけ自分のものとして吸収・定着できているのか」といった側面も非常に大事になります。

つまり、早めに一通りの学習が終わったとしても、学んだ内容の10%しか定着されていないのではダメですし、逆にいえば少しくらい時間がかかっても、学んだ内容の80%が定着しているのであれば、後者の方がいいということです。

例えば、あるサテラインの講座を3月に始めて、「①8月までにすべての授業の受講が終わったけど、それまでの授業全体で学んだことの20%しか定着していない」のではダメですし、逆に「②すべての授業の受講が終わったのが10月だけど、年間の授業で扱ったことであれば90%はできるよ」というのであれば、当然②の方が好ましいわけです。

これについても現状の学力や志望校、得意不得意の問題もあるので皆さんに一様のアドバイスはできませんが、サテライン授業と大学受験学習に精通した専任スタッフがサポートしますので、自分に合った勉強の進度とスタイルを作っていきましょう。
73-3.jpg

第87回 学習アドバイス 「サテライン授業の効果的利用法 (3)」

■自分の利用できる時間を最大限に生かせる!
■やればやるほど応えてくれる、頑張る君に最高の受講システムです!

157-1.jpg
代ゼミサテライン授業は、すべて個別のブースで受講します。曜日・時間帯なども自分で自由に設定できるフレックス制なので、「風邪をひいてしまったので、授業を受けられなかった」「部活の都合で授業に出られなかった」といった心配はありません。授業が重なることを気にせず、気軽に学校の授業やライブ授業と併用できます。必要な授業を効率よく受講していきましょう。

栄進予備校は、基本的に平日・土日・祝祭日を問わず10:00~22:00まで開校しているので、部活に思いっきり打ち込んで汗を流してから落ち着いて受験勉強に専念できます。先輩たちも、各運動部の部長やキャプテン、体育祭のブロック長など各方面で活躍しながら受験でも結果を出してきました。

■“本音の”ワンポイントアドバイス♪
122-1.jpg
「いつでも受講できる」
ということは、逆にいえば「自分の都合で容易に受講を先延ばしにできてしまう」環境であるともいえます。栄進予備校では、サテライン専任のスタッフがサポートいたしますが、「気が向いた時にやればいいや」「本当は今日受講しようと思っていたけど、明日でも大丈夫だから明日にしちゃおう」といったような取り組み方では、サテライン授業の長所が短所になりかねません。「主体的に取り組む意欲」が必要なのは当然ですが、「自分のペースで受講できるということ」を「楽をするために利用する」のではなく、「さらに高い学習効果を得るために利用する」という姿勢がとても重要です。

栄進予備校では、専門スタッフ・講師・チューターが君たちの学習をサポートしていきますが、勉強内容はもちろんのこと、進路相談からやる気アップの気持ちの切り替えまで、総合的に皆さんをサポートしていきます。

ファイル 62-1.jpg

第86回 学習アドバイス 「サテライン授業の効果的利用法 (2)」

“サテライン”授業とは!? ファイル 61-1.jpg 「代ゼミのサテラインって言われてもピンとこないなぁ」 「何かブースでヘッドホン付けて授業受けるやつでしょ?」 「通信教材みたいな感じ?」 という印象を抱いている人もいるかと思いますが、それは違います。 サテラインとは何か? 東京の代々木にある三大予備校の一つである「代々木ゼミナール本部校(代ゼミタワー)」で行われている超有名・実力講師の授業を、VODシステムを利用して“栄進予備校でもそのまま受講できる”というシステムです。 大手予備校の授業形式では、授業中に講師の説明を遮って質問をしたりすることは基本的にはできませんので、基本的には代々木ゼミナールに行って受けているのとまったく同じ授業を、栄進予備校でも受講することができます。 さらに、個別のブースで自分のレベルに応じた授業を自分の都合に合わせて自由に受講できるというのはライブの授業ではなし得ないシステムであるといえます。申込みの締め切りや定員満了といった心配なく、超一流の受験のワザを自分だけの特等席で独り占めできるのです。 サテライン授業は、全国約400校のネットワークに年間2000程度の講座が配信され、基礎レベルから東大受験まで様々な講座が用意されています。 高校1・2年生や、推薦入試を考えている生徒諸君には「単元別基礎力完成講座」、遅れを取り戻したい生徒や、今から本格的な受験学習をスタートしたいという人には、短期間に1年分が受講できる「速習講座」が威力を発揮します。 「いつから始めても」「ちゃんと第1講目から」スタートできるサテライン予備校の利点を存分に生かしきって、第一志望の合格を実現させましょう。

第85回 学習アドバイス 「サテライン授業の効果的利用法 (1)」

年間を通して2年分のカリキュラムを完成 ■夏までに基礎的な講座の1年分を終わらせて、夏明けからレベルアップした講座を受講! ■志望校合格のためには大幅なジャンプアップが必要な受験生 リレー・バトンタッチ式 ■「レベル違いの講座を並行履修」ではなく、「レベル違いの講座をリレー・バトンタッチ式で履修!」 ■このような方式で自分のペースに合わせて受講を進めらます (受講例) 【4~8月】 「佐藤慎二の基礎英文法・語法」:1学期・夏期講習会・2学期・冬期直前講習会 「佐藤慎二の基礎英文読解」:1学期・夏期講習会・2学期・冬期直前講習会 【9月~12月】 「早大英語」(佐藤ヒロシ 講師):1学期・夏期講習会・2学期・冬期直前講習会 ファイル 58-1.jpg 早稲田大学志望の生徒の受講例です。 第一志望の早大に向けて「早大英語」を受講したいが、4月の段階から「早大英語」を受講するのは学力的に厳しい。そこで夏までに土台となる講座(「英文法・語法」「英文読解」)の年間履修をすべて終えて力をつけて、夏以降から「早大英語」の講座を1学期から受講する。 このように、レベル別の講座を年間を通してリレー・バトンタッチ式で受講できるのもサテラインの利点の一つです。夏以降は基本的に週2回の受講で「早大英語」の年間カリキュラムを終えることが出来ます。 上記の受講パターンは一例です。栄進予備校では「夏期講習会」「2学期」など、その都度学習状況や志望校の状況に合わせてサテライン受講講座をアドバイスさせて頂いておりますので、その時期の自分に最適な講座を選択して受講を進めていくことができます。

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

2020年09月

- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

リンク

新着画像

TOP